• 無線LANで重要なのは範囲?速度?何が大事?

    現在では、職場や家庭において、パソコンは無くてはならないものとなりました。



    特に最近は職場はもちろん、家庭でも複数台のパソコンがあることが多く、場所に関しても様々な場所で使われています。


    複数台のパソコンや、家の中で離れた場所に複数台ある場合など、有線のLANなどでは対応できないときに使われるのが無線LANです。


    無線LANは、有線で行っていたデータの送受信を無線で行うものです。



    多数のケーブルなどが絡まったりせず通信できることがメリットです。

    通信速度やデータ通信の安定性は有線の物に若干劣りますが、現在のオフィスには多数のパソコンが設置されていることから普及していきました。

    アクセスポイントや、アクセスポイント機能内蔵のルーターなどの機器のことを無線LANと呼ぶことが多いです。
    その機器を中心に、無線で通信できる機能を持ったコンピュータ同士が接続されることによりインターネット通信などのネットワークにつながることが出来るといった仕組みです。



    今では、無線LANのウィークポイントでもある速度面を強化した商品も数多く販売されています。
    これは最大100Mbps通信が出来るようになった現在に、54Mbpsの速度しか出ない無線LANでは対応しきれないといった声から生まれたものです。このような高速化されたものはオフィスのみならず、家庭にあるハイビジョンテレビの視聴時に関しても性能を発揮しています。
    こうして、仕事や普段の生活などあらゆる場面で欠かせない存在になっています。