価値あるノベルティをここに

もらって嬉しい引き出物を選ぼう

主に結婚式やお祝い事の席で出席者の方に配られることの多い引き出物。近年ではそれ以外の目的で贈答されるものにもこの言葉を使う場合もありますが、一般的にはやはりおめでたい席で配布される品物をさす言葉になるようですね。
引き出物が出るようなお祝い事となると、人生でそう何度もあるようなものではありません。できれば思い出に残るようなものを選びたいところですが、品物を選ぶときは、原則として「贈りもの」であることを忘れず、まずはお客様の視点に立って「もらって嬉しいもの」という第三者視点を持つように心がけましょう。

例えば記念に主催者の名前をプリントするような場合は、飾り物や雑貨の場合、例え不要になっても処分しづらいという難点があります。どうしても名入れの引き出物にこだわるのであれば、お菓子などの「なくなるもの」にプリントするのが無難と言えるかも知れませんね。
また、遠方からも多数のお客様が来られる場合には、重いものや大きなものは移動の際の邪魔になってしまい、ご迷惑になる恐れもあります。雑貨やカタログなどを選ぶにしても、なるべくかさばらずに重くないものを選ぶのが親切と言えるかも知れません。

こうして考えてみると、理想的な引き出物の種類というのも自ずと絞られてきます。お祝い事は自分の記念であると同時に、祝ってくださる方々への感謝の気持ちを示す場でもありますから、自己主張だけにとどまるのではなく、幅広い方々にできるだけ喜ばれるような品物を選びたいところですね。こういった場合は、ベストを模索するよりも、まずは消去法で無難なものを残してゆき、そこから相応しいと思うものを選ぶのが効率的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です