わきが治療には様々なものがあります。

軽いものであれば、塗り薬や飲み薬でも治療が可能です。

塗り薬の一種としては、塩化アルミニウム液があります。

コットンやティッシュに染み込ませて、わきなどに塗ることで匂いや汗を抑えることが出来ます。

薬局などに市販されていることもありますが、病院などで処方してもらった方が安全でしょう。

臭化プロバンテリンは、保険適用されている内服薬です。

これは汗の分泌を抑える効果がありますが、副作用が出ることもあるので使用する際には注意が必要です。
ほかにも、わきがは多汗症と関連性があり、多汗症は精神的な部分から汗をかいてしまうことがあるため、気持ちを落ち着かせたり、緊張を和らげるといった精神的な面に効果のある薬が処方されることもあります。
中度のわきがの場合には、ボトックス注射や電気凝固法と呼ばれる治療法が施術されます。

電気凝固法は、わきに電気の針を刺してアポクリン腺と皮脂腺を破壊する施術で、同時に脱毛も出来るものです。
重度のわきが治療の場合には、手術をする必要があります。

箭除法と呼ばれる施術は、わきの下を切開し、アポクリン腺を一つずつ除去していくものです。
ほかにも、超音波吸引法や皮下組織吸引法、皮下組織削除法などがあります。

このようにわきが治療をする際には、様々な方法がありますが、自分の症状や体質に合わせた治療が必要となります。
自分だけでは判断せず、医師などの診察を受けてから治療することが一番望ましいと言えます。


http://www.kidneydirections.ne.jp/
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130319/
http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/communication/c03/04.html

人気の額しわの情報はこちらです。

神戸の審美歯科に注目が集まっています。

神戸のインプラントの情報が欲しい方必見です。

銀座のダイエットクリニックのことならこちらのサイトにお任せください。

フェミークリニックの知識を持つことが重要です。